それぞれ形がある

ウエディングを形に表すこと

ウエディングをどのようなスタイルで実現するか、そこには様々な選択肢があります。ただ夫婦となるだけでなく、その事実を形に表すために、人々は自分たちが最も理想とする方法を選ぶのです。 現在、最も主流であるのがチャペルで挙式をあげる教会式のウエディング、また昔ながらの神前式や新たなスタイルである人前式も人気があります。そのようにウエディングを「結婚式」という形に表すことが一般的に多いとされています。その他にも、ウエディングドレスを身にまとった姿や、清楚な和装で美しく着飾った姿等を写真に収めることで形に残すフォトウエディングにも人気は集まってきています。 スタイルは様々ですが、どれも本人たちが認める結婚の形であることに違いはありません。

後悔しない結婚スタイルの選び方

やはり、ここまで育ててくれた親や親戚、友人や同僚等、全ての人たちに向けての感謝の気持ちを込めて結婚式に招待するのも、素晴らしい一つの結婚の形です。しかし、それを実行するための費用や時間等を考慮し、あえてフォトウエディングのような形を選ぶこともあります。しかし、それでも周囲の人たちへの感謝の気持ちは変わりません。最も大切なのは、人生に一度きりの貴重なものを、後で後悔することのないよう、今の二人にとって非常に充実したスタイルで実現することです。そのためには、よく夫婦で話し合うこと、そしてそれぞれのスタイルを試す機会をもつことが大切です。表面的な情報だけでは分からない部分は体感することで、その本質を知るのです。